EMIT協会2019

お知らせ/ EMITについて/ レンタル/ 機材購入/ ソフトウェア/ 資料/ 国内備品リスト

  • レンタルに情報を更新しました。
  • EMIT協会は20周年を迎えました!ぜひこの資料を見てみて!
  • 2019年にしましたが。情報が遅れがちでごめんなさい。
  • 現行はVer5、新たにタッチフリーに対応したVer6が出ています。
    Ver6は非常に反応が早く、また明るいLEDでパンチがすぐ確認できるためにおすすめです。
    EMITタッチフリーシステムは長年ランニング競技や、SKI競技の正式計時システム等実績があります。
    (日本では未導入ですが、EMITを使用する世界選手権ヨーロッパ選手権では常時使われています)
    ver6LEDの動作はコチラの動画

    Q:LED付ver6はLEDが光る分、寿命は短いの?

    A:Ver6カードのCPUチップはVer5以前のものより低電力型が使用されています。
    LEDが点灯してもより長寿命の可能性があります【EMIT社は400時間以上動作すると言っています】
    例えば過去ディスプレイ付きVer3は15年経った今でも70%は動作しています。
    (ちなみにリリース後 2019年5月で3年程度、200枚以上は出ており、初期不良率1%で停止は起きていません)

    Q:Ver5は寿命どのくらいかしら?

    A:現在幸いなことに5年以下で停止する者は故障を除きほとんどなさそうです。
    現在多少のびてきて、7-8年以上といったところでしょうか。

    Q:タッチフリーは導入する予定があるの?

    どうしましょうか。ボランティアなので、赤字になりそうで。
    数個入れて、最終コントロールと、フィニッシュにテスト使用してみようかなと思っています。

    Eカードはver2の初期98年版、ver3の初期02年版はものすごく安定してて、まだまだ世間では7割以上が動作していると思われます。
    まだEMIT協会でも、17年経った50枚がレンタルされています。

    購入後4.5年以内に 止まった場合は、はやめに羽鳥まで送付してください。
    次回の交換のための割引額を固定します。(停止してから年月がたつと有償交換割引分が下がります)

    2014年から5年据え置きました価格ですが、2019年に10%上げました。
    ノルウェーは年成長率4%ですから、毎年なお厳しい状況です。

    スタートゲート、フォトセル、など特殊機材による、0.01秒単位も可能な、スプリント対応計時をEMIT協会はサポートします。
    世界選手権やエリートイベントはスプリント種目で0.1秒計時をルール化しています。

    EMIT所有団体、クラブは2008年末時点で20クラブ以上にもなりました。

    EMIT協会では、EMITパンチングシステムのラインナップである、
    コントロールユニット(パンチ台付き)/Ecard/スタートユニット/リーディングユニット/MTR4(ミニタイムレコーダ+ミニプリンタ)/その他特殊計時機器
    をレンタルしています。


    レンタル価格

    Ecard使用1枚あたり使用ベースの課金(事前エントリー数+当日使用分+運営使用分)

    Ecard
    学生 250円
    社会人 300円
    ユニット類 課金なし(頑張って据え置きです!)
    リーディングユニット 課金なし(頑張って据え置きです!)
    MTR類/その他特別な機器 応相談
    バックアップラベル(販売)
    1枚 20円
    1巻500枚 8000円

    ただし、練習会等普及を考えた価格設定ですので、運営規模や使用量を考慮して別途相談いたします。

    2019年1月現在、Ecardは約250枚、ユニットは115種140個程度がレンタル可能です。
    複数イベントが重なったり、大量の使用でEcardは不足する場合も多いです。
    その場合、協力いただけるクラブから協会がまとめて借り出して、複数イベント間で使用料を按分しています。
    貸出枚数は300程度でしたら1か月以上前に、500を超える場合はもっと余裕を持って、予め問い合わせてみてください。

    最近、使用を大幅に上回るEcard枚数、リクエストが多く、前週が難しく場合によっては貸し出しできない(備品削減を依頼する)事態が発生しています。
    貸し出し枚数の75%以上(100枚以上は80%)は実際の使用枚数となるようにリクエストを調整して下さい。
    事前申し込みに比べて当日参加が多く予想される場合は、別途ご連絡下さい。


    レンタルする前に

    出来る限り1か月以上前にご連絡ください。

    メールの件名:【〇月〇日EMITレンタル希望:イベント名】


    ご依頼の方法

    以下をご連絡ください。
    羽鳥和重 chanman[at]pb3.so-net.ne.jp

    連絡すべき事項一覧
    使用予定日 複数日の場合は複数日
    希望お届け日 可能ならば前週のお届け
    Ecardレンタル希望枚数 以下3点の合計数と内訳をリクエストください
    事前申し込みEcard枚数
    当日申し込みEcard予定最大数(通常事前申し込みの半分無いし2/3を超えることはないです)
    運営や故障に備えて余裕が欲しい数
    コントロールユニット全種類数 余裕ををみないで下さい、余裕をつけて貸し出します
    そのうちペアユニット希望種類数 余裕ををみないで下さい、余裕をつけて貸し出します
    別途余裕が欲しい数
    貸出を避けるべきユニットコードの範囲 ユニット記号のことです
    スタートユニット個数 余裕をみないで下さい、余裕をつけて貸し出します
    別途余裕が欲しい数
    アングルの要不要/必要アングル数 パンチ台アルミ支柱のことです
    リーディングユニット 要不要
    MTR 要不要
    バックアップラベル 必要枚数または必要ロール数(買い取りをお願いしてます)
    その他機材のリクエスト タッチフリーコントロール、0.1秒計時対応スタートゲート、フィニッシュ用フォトセル等
    送付先郵便番号
    送付先住所
    送付先電話番号
    送付先宛名
    送付先受取人のメールアドレス

    備品が届いたら

    すぐ検品を!
    特に回送時に誤った配送、ぞんざいな備品の扱いに起因する破損、紛失は常時起きています。
    必ず受取時検品を行ってください。
    返却を終えてから、返却不足を指摘され「回送された備品に〇〇がなかったと思う」と言われましても、こちらからの指摘の後では、紛失や破損がどこに起因するのか、特定ができない場合が多いです。
    (お願いしても年に何回も起きてます)

    検品していないと結局把握してない破損や紛失請求となるので、受取時検品をすぐにして問題のあるなしを羽鳥に連絡ください。


    備品の返却

    原則月曜日集荷に間に合わせて、火曜日夜到着で返送してください。
    信頼性が高いクロネコヤマトをお使いください。(セブンイレブン、ファミリーマート)

    一部または全部の 回送が必要な場合は、日曜日夜までにご連絡します。
    返却または回送発送時も検品をおねがいします。 余分な請求をうけたり、回送先で管理が悪いクラブとのやりとりリスクを減らします。
    返却発送時検品の問題について、羽鳥にメールをお入れください。
    (回送は特に注意です)
    最近も往復何時間も運転で届けたり等しばしばおこりますし、高価なバイク急便や赤帽で備品を回送しなければならない例も起きてます。

    選手が持ち帰った未返却カードを直接羽鳥まで返却依頼する場合、とにかく連絡を確実に。
    可及的速やかに、速達郵便か宅急便で戻すようにお願いします。


    その他

    また少量で良いので初めてテスト使用してみたい方は、無料でお貸ししています。

    その他インカレ向け貸し出し、予算不足、特殊用途、オペレータ希望など等、ご連絡頂ければ検討します。
    (オペレータ募集、通常は1万円/日の工賃と、宿泊費や交通費支給くらいの条件です)

    レンタル時は、折り返し羽鳥からEcardやユニットの番号などの情報を提供します。詳細はコチラ

    Myカードを購入したい

    国内発売以来12年で、Myカードとしてのべ2000枚以上程度が出荷されました。ありがとうございます。
    2011年末より、Ver3カードは製造終了し、Ver4カードが供給開始です。
    現バージョンは、Ver2と外見は同じ、色は白(薄い灰色)です。 2013年になってから、黄色が出たり、サーモンピンクになったり色々です。
    高機能Ver3の後継が出るか不明です。

    今まで不安定なEcardもあったのですが、Ver4で改善していることを期待しております。
    的場さんから頂いた情報ですが、Ver4から、パンチ間隔が6時間まで停止しなくなりました。
    実用上まったく問題ないかも。

    故障時は、1年めは無料、2-4.5年目までは2-8000円で新品に交換しています。

    ご希望の方は以下をご連絡ください。
    羽鳥和重 chanman[at]pb3.so-net.ne.jp

    連絡すべき事項一覧

    送付先郵便番号
    送付先住所
    送付先電話番号
    送付先宛名
    名前シールを貼りつけ希望される場合は、 枚数分の氏名、所属クラブ


    シニアナショナルチーム選手等への割引しています。
    学生選手は、ぜひ男子なら月間300km超年間約4000km、女子なら250km年間3000km超えトレーニング量をコミットください。
    約束していただける方は、例外なく 無料でEcardを供給しますのでぜひ応募を。
    (周りにがんばっている方いましたら、ご推薦を!)


    クラブ/協会の方

    EMIT社オリエンテーリング用機材は、当EMIT協会が日本向け販売窓口となっています。購入時は羽鳥までお問い合わせ下さい。

    価格や、納入方法、見積もり書の発行など、様々に対応します。

    写真にありますパンチ台も、EMIT協会オリジナル(とり式パンチ台Ver2.1)です。台座2000円、アルミアングル500円(900x20x20x2mm)で販売しております。

    羽鳥和重 chanman[at]pb3.so-net.ne.jp までお問い合わせを。

    EMIT機材を使いたい場合、的場氏が作成しているソフトウェア類に全面的に依存させて頂いてます。
    ホームページはコチラ

    大会運営用ソフトウェア:Mulka2
    大規模大会でのあらゆる機器の接続、スピーカ(アナウンサ)サポート機能、その他充実した世界最高レベルの機能充実。

    大会運営用ソフトウェア:Mulka2
    マニュアルはほとんど見なくてもすぐ使えて便利。

    使用ライセンスを取得し、ご利用下さい。ラップ解析のツールであるLapcombat2も、完全にサポート。

    ご注意
    RS232Cポート(DSUB9ピン)を備えないパソコンでリーディングユニット(シリアル接続タイプ)を使用する場合は、別途USB-シリアル変換アダプタが必要となります。おすすめは、IOデータのUSB-RSAQ5(またはQ2, Q3)です。他の変換アダプタはPCによっては接続できない場合があります。
    なんと、USB-RSAQ2,3は、Vista以降のドライバがないんですね。あれま。


    250 USB Reading Unit Driver

    EMIT社のドライバダウンロードサイトが参照できなくなってしまいました。
    64bit OSの方はコチラにアクセス頂き、 drivers > USB-driverの下にある、
    CDM 2.02.04 WHQL Certified_64b.zip
    をダウンロードしてお使いください。
    これで32bitもおそらく大丈夫だと思います。ダメな場合はご連絡下さい。

    これでもし動かない古いOSの場合
    USBリーディングユニットをお使いになる場合は、ドライバをダウンロード下さい。
    あるいはコチラにあるドライバを試してみてください。

    EMITを使った大会運営資料、故障率に関する資料
    2008.9 JOAコントローラ講習会で講演した際の資料。EMITを大会で使う上での守らねばならないこと、ミスの防ぎ方、EMITの故障率などをTIPSとしてまとめてあります。見たことの無い方はぜひご一読下さい。また、ソフトウェアMulkaのマニュアルも同時にお読み頂ければ、より安全な運営を行うことができます。

    WOC2007 ウクライナ 2007年ナショナルチーム関連の資料
    2007年ナショナルチームのスタッフとして活動した時の合宿等の資料。WOC2007ウクライナ世界選手権の資料、報告書の一部(まだ更新中)、その他事後コメントあります。

    タッチフリーコントロールの使い方
    タッチフリーコントロールの使用方法。タッチフリーコントロールが実際どのようなものか、知ることができます。

    オリエンテーリングとEMITの資料
    オリエンテーリングの説明と、使われるパンチングシステム解説資料です。

    ノルウェー社EMIT機材の資料
    通関時にEMIT社の機材説明資料が必要なため作成されたものです(一部英語)。単なるカタログです。
    上述オリエンテーリングとEMITの資料の方が、一般的な説明に近いものになります。

    MTR用プリンタEPR3のリセット方法
    ごくたまに、EPR3プリンタの内蔵されている設定が狂って、出力がおかしくなります。
    その場合は設定リセットを行い、正常に戻してください。

    EMIT協会20周年資料

    EMIT協会のほか、他の団体にも備品量がありレンタルが可能です。
    相互に融通可能であり、練習会から本格的な大会まで、あらゆるレベルをサポートします。
    大規模大会で不足する備品、特殊な機材はノルウェーEMIT社からの海外レンタルも可能です。
    EMIT協会保有カードリストはこちら

    StartUnit ReadingUnit MTR RTR2&RTR3
    EMIT協会 ユニット 15 4 MTR3×1
    MTR4×2
    1&1
    京大 ユニット一覧(約600個) 2 1 MTR2 -
    筑波 2 1 MTR2 -
    東北 1 1 MTR3 -
    金沢 2 1 MTR3 -
    北海道協会 2 1 -
    静岡県協会 2 1 MTR3 -
    東京OLクラブ 1 1 MTR3 -
    新潟大 2 1 MTR3 -
    OLCルーパー 2 1 MTR3 -
    三河OLC 2 1 MTR3 -
    早稲田 1 - MTR3 -
    東京 3 1 MTR3 -
    岩手県立 3 1 - -
    岡崎市OL協会 3 1 - -
    広島OLC 2 - MTR4 -
    大阪OLC 2 - MTR4 -

    EMIT協会にある機材など
    RTR2:EMIT社フィニッシングクロック(高機能ゴールタイマー、PC接続して演出などにも使用できる、フォトセル、スタートゲートで使用、中型)
    ETR3:EMIT社フィニッシングクロック(高機能ゴールタイマー、PC接続して演出などにも使用できる、マニュアル計時、バックアップに使用、小型)
    ET4:EMIT社マッチングクロック(スピーカ用ハンドヘルド計時コンピュータ、高機能な演出用機材)

    その他、フィニッシュ用EMITテント、リザルトボード、あらゆるノウハウからトータルに大会をサポートしています。
    興味のある方には、テスト用に、一度さわってみたいなど、備品が空いていれば、レンタル料金なしでお貸しいたします。


    Designed by Skelton and Kengo Tomoda.